要注意な風俗嬢

このままでいいかなって

風俗のペースは自分でもいろいろと考えるんですよ。もっと抑えた方が良いのかなとか、もっと楽しもうかなとか(笑)でも、このままでいいかなっていう結論に至るんですよね。風俗は誰かのためにとかではなくて、自分のために使うものだと思いますし、誰かに許可をもらって楽しむようなものでもないですしね。だからマイペースに、自分の好きなように楽しめばよいかなといつも思うんです。それこそホームページを見てその気になった時に楽しむ。これだけで十分なんじゃないかなって。だから風俗は自分の好きなように楽しむというスタンスで何ら問題ないんじゃないかなって思うようになったんです。あれこれ考えた所で、他の誰でもなく自分のために楽しむべきものだと思うんので、そんなにあれこれ考える必要はないんじゃないのかなって。そうして自分でも楽しむ。それが自分の中でのスタンスになるんじゃないかなって。まぁいろいろと楽しませてもらっているのでいいんですが(笑)

風俗だからこそ出来ること。それが魅力

いろんな魅力が隠されているのが風俗ですけど、女の子の存在もさることながら、風俗だけでしか出来ないことが何よりの魅力なんじゃないですかね。自分は風俗に行くと、それまでの自分のキャラからは想像出来ないくらい、甘えたりして楽しませてもらっています。もしもですけど、知り合いや会社の同僚が自分の姿を見たらドン引きでしょうね(笑)でも誰かに見られているとかでもないですし、むしろ風俗で格好つけても仕方ないじゃないですか。裸を見られているんです。自分のすべてを見られている以上、格好つけても滑稽なだけだと思って、自分の気持ちに正直になって、楽しみたいように楽しんでいるんです。そのくらいでいいんじゃないですかね。格好つけたとしても、そこに待っているのは満足ではないんじゃないかなと。自分でも思う存分楽しみたいんです。そう思ったら、格好つけていても意味がないので、自分の思うように、自分の本能に忠実に楽しむ。これが大切ですよ。